専門分野

気候関連ビジネス

低炭素ソリューションが注目を集める一方で、気候変動を遅らせるという点においては、世界は依然として大幅に立ち遅れています。新興国市場は、膨大な開発ニーズと増大するエネルギー需要から今後 10 年間で温室効果ガス排出量は着実に増加することが見込まれ、気候変動の影響を最も大きく受けると予想されています。

Select a Region Sub navigation page selecting option, jump to that section

気候変動対策は、成長の促進や雇用の創出、さらに幅広い分野で低炭素開発への移行の加速といった大きな経済的な機会を生み出します。

IFC がもたらすインパクト:

  • 144億ドル 2023 年度の投融資と資金動員額の合計
  • 5,300万 二酸化炭素換算の年平均削減量
  • 1億 毎年電気へのアクセスが可能となる人数

データで見る

IFCの調査では、気候関連ビジネスは途上国で23兆ドルの投資機会を創出し、累計2億1,300万人の雇用、40億トンのCO2削減を実現できると試算しています。顧客がこうした経済的な機会を捉えられるよう、多くのパートナーと協力して気候変動対策に必要な資金の誘引を図ることがIFCの事業の中核となっています。 2023 年度に、IFC は 76 億ドルのクライメート・ファイナンスを提供し、 68 億ドルを他の投資家から動員しました。

 

インフォグラフィック

英語 | フランス語 |アラビア語

IFCのアプローチ

IFC は、商業資本を誘因するために、自己資本、専門的な知見、現地市場における経験と知識を活用して、多くの国で気候関連ビジネスの市場創出を支援しています。

基準の設定

信頼性の高い基準は、投資家の信認を得やすく、民間資本の流入を促します。IFCは、世界的な原則や業種別ガイダンスに関する先駆的な取組みを主導し、セクターや地域を超えた気候関連ビジネスの機会創出に貢献してきました。

持続可能なイノベーションの推進

IFCは、開発のために民間資本を呼び込む触媒としての先駆的な役割を果たしてきました。IFC3.0(市場創造アプローチ)を通じて、IFCは政策改革からプロジェクト開発まで、投資可能な機会を生み出すための幅広いツールを有しています。インパクトを最大化するべく、世界銀行と協力し、必要とされる民間資本の呼び込みに取り組んでいます。

資本の動員と規模の拡大

グローバルな開発機関として、IFC は革新的な金融ソリューションを開発し、顧客とパートナーや投資家を結びつけるユニークな役割を担っています。

IFCとパリ協定目標との整合性

2023 年 7 月 1 日時点で、IFC は新規投融資の 85% をパリ協定の目標と一致させ、2025 年 7 月 1 日以降は その割合を100% にする予定です。IFCは、他の国際開発金融機関 (MDB)と共同で策定したパリ協定の目標に沿った投融資を評価するMDBの共同原則(the Joint Multilateral Development Bank (MDB) Methodological Principles)に沿って、パリ協定との整合性への取り組みを進めています。