お知らせ

Share this page
Share this page

 

2018年11月15日

11月15日 インパクト投資の運用原則に関するコメントを募集

11月14日、IFCはインパクト投資の運用原則に関するラウンドテーブルを開催し、パートナーシップ・コミュニケーション・アウトリーチ担当副総裁のカリン・フィンケルストンが来日しました。現在、インパクト投資の運用原則に関するコンサルテーションドラフトのコメントを募集しています。詳細こちらをご覧ください。

 

 

2018年11月6日

11月6日 IFCキャリアセミナーのお知らせ(12月20日東京)

世界銀行グループでは、日本人の採用を積極的に行っており、海外で活躍する日本人職員が来日する際に、皆様に世界の開発課題や世界銀行グループの活動を紹介するセミナーを実施しています。今回のセミナーでは、2005年にYPP(ヤングプロフェッショナルプログラム)を経て入社し、現在はIFCアセットマネジメント社(AMC)シンガポール事務所で活躍する寺見興生より、IFCの活動や自身の経歴、シンガポールでの生活をご紹介します。

詳細はこちらをご覧ください。

 

2018年10月31日

10月31日 IFC東京事務所がシニア・コミュニケーションズ・オフィサーを募集(締切 2018年11月27日)

国際金融公社 東京事務所がシニア・コミュニケーションズ・オフィサー(コンサルタント契約)を募集しています。詳細はこちらをご覧ください。

勤務形態:Short-Term Consultant(年間150日勤務)

勤務開始日:2019年1月(応相談)

待遇:IFCの所定に基づく

応募方法 :英語CVと志望動機(カバーレター)をIFCTokyoNews@ifc.orgまでご送付ください。

お問合せ:IFC東京事務所 03-3597-6657/ IFCTokyoNews@ifc.org

 

 

2018年9月18日

9月18日 中東・北アフリカ地域投資セミナー(10月19日 イスタンブール)

国際金融公社(IFC)、及び日本貿易振興機構(JETRO)イスタンブール事務所共催のもと、「中東・北アフリカ地域投資セミナー」を開催します。

詳細はこちらをご覧ください。

 

2018年9月3日

9月3日 IFCで未来のキャリアを~IFCヤング・プロフェッショナル・プログラムセミナー(9月19日)

今回のキャリアセミナーでは、IFCのヤング・プロフェッショナル・プログラム(IFC YPP)をご紹介いたします。今年のIFC YPPの応募締切は10月2日(火)です。

IFC YPPは、発展途上国の民間セクターを金融の立場から支援に取り組む投資担当者として、キャリアをスタートさせる意欲ある若手の皆様へ機会を提供する採用プログラムです。このプログラムは、経営学(MBA)またはその他関連のある修士号取得に向けた最終学年に在籍する学生、または近年に取得した方を対象としています。

<スピーカー> ソフィア・チヨウ 上級人事担当官 (HR)

中山 幸穂 シニア・インベストメント・オフィサー(Manufacturing, Agribusiness & Services) 他

■ 日時 2018年 9月19日(水) 午後7時00分~午後8時30分

■ 場所 IFC東京事務所  世界銀行東京事務所東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル10階地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車

*本セミナーは当日ライブ配信も行います。https://www.youtube.com/watch?v=T3aHCtKkJIU

■ 言語 英語

■ お問合せ IFC東京事務所 E-mail: ifctokyonews@ifc.org  Tel:03-3597-6657

■ お申込み ご出席をご希望される方は、2018年9月17日(月)までに次の情報をE-mailにてご送付ください。また、差し支えなければ英語CVおよびカバーレター(Statement of Interest)を添付いただけますと幸いです。 ご芳名、ご所属、電話番号

 

2018年8月30日

8月30日リクルート活動、採用情報のご案内

今年も日英バイリンガルのための就職フォーラムであるボストンキャリアフォーラムにIFCが参加し、採用プログラムやインターンシップについてご説明します。フォーラムへ参加される際にはぜひIFCのブースにもお越しください。

日時:2018年11月9日(金)~ 11日(日)

場所:Boston Convention & Exhibition Center (BCEC)

キャリアフォーラム詳細:

キャリアフォーラム詳細:https://careerforum.net/ja/event/bos

世界銀行グループ・IFC情報 https://careerforum.net/ja/event/bos/companylist_33/1480/company_detail/?check_original=true/ 現在IFCヤングプロフェッショナルプログラムの募集が開始されております。

皆様の応募をお待ちしております。(締切:10月2日アメリカ時間)

1次選考は10月中旬より順次開始され、12月上旬に最終選考を予定しております。

詳細・応募方法は上記のリンクをご覧ください。また主要MBA校にはIFCのリクルーターがキャンパス訪問をし、説明会や1次選考等を実施いたします。キャリアオフィスなど学内情報をご参照ください。

また、IFCは毎年夏、インターンを採用しています。夏期インターンは、ワシントンDCの本部またはIFCの地域事務所にて採用され、5月から9月までの期間のうち4~10週間個別のプロジェクトに従事しサービス部門に割り当てられます。業務はバリューチェーン、事業開発、投資案件評価、財務モデリング、財務分析、アドバイザリー・サービス戦略、ポートフォリオ・マネージメントなど、多岐分野にわたります。

募集はIFCのHPより12月上旬に開始されますが、ボストンキャリアフォーラムにて担当者と面会をご希望の方は英文CVをお送りください。応募要件を満たす方については追ってボストンキャリアフォーラム担当者よりご連絡いたします。詳細はこちらをご覧ください。

 

2018年6月28日

6月27日 カリン・フィンケルストン副総裁が津田塾大学で講演

パートナーシップ・コミュニケーション・アウトリーチ担当副総裁のフィンケルストンが、津田塾大学の学生を対象に、IFCの活動、市場を創造するIFCのストラテジー、女性の活躍などについて講演しました。

2018年6月25日

8月2日 国際金融公社(IFC)で働く~柳本恵伸

世界銀行グループでは、日本人の採用を積極的に行っており、海外で活躍する日本人職員が来日する際に、皆様に世界の開発課題や世界銀行グループの活動を紹介するセミナーを実施しています。 今回のセミナーでは、2012年にミッドキャリアで入社し、現在はIFC南アフリカ ヨハネスブルク事務所でアグリビジネスの投資担当者として活躍する柳本恵伸より、IFCの活動や自身の経歴をご紹介します。

<スピーカー>柳本 恵伸

<略歴> IFCヨハネスブルグ事務所、シニア・インベストメント・オフィサー。関西学院大学経済学部卒業、ニューヨーク大学大学院経済学修士課程修了後、伊藤忠商事に入社しアジア・大洋州向けプラントプロジェクトビジネスに従事。3年間勤務の後、リーマン・ブラザーズ証券投資銀行部門に転じ、同社及びバークレイズ・キャピタル投資銀行部門にてプライベート・エクイティ・ファンド、テクノロジー企業向けM&Aアドバイザリー業務及びレバレジッド・ファイナンス業務に計7年間従事(東京及びニューヨークにて勤務)。同社で担当したクロスボーダーM&A案件をきっかけに開発途上国向けの民間投融資業務に関心を持ち、国際金融公社(IFC)に移る。IFC入社以降、ワシントンDCにてアフリカ及びラテン・アメリカ向け食品・アグリビジネス企業向けエクイティ出資、プロジェクト・ファイナンス、コーポレート・ファイナンス案件を主に担当。また2015-2016年には投融資審査部門にて全社の投融資業務の審査業務を担当。2017年よりヨハネスブルグ事務所に移り、食品・アグリビジネス企業向けの投融資業務を担当。

■ 日時 2018年 8月2日(木) 午後6時30分~午後8時

■ 場所世界銀行東京事務所東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル10階地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車

■言語日本語

■ お問合せ IFC東京事務所 E-mail: ifctokyonews@ifc.org  Tel:03-3597-6657

■ お申込み ご出席をご希望される方は、2018年8月2日(木)までに次の情報をE-mailにてご送付ください。また、差し支えなければ英語CVを添付いただけますと幸いです。 ご芳名、ご所属、電話番号

2018年4月20日

4月20日WBGとGPIFによる共同研究報告書の発表

世界銀行グループと年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は持続可能な投資の促進に向けた共同研究報告書を発表しました。詳細はこちらをご覧ください。

2018年3月28日

3月28日フィリップ・ル・ウェルーIFC長官による講演会を開催

フィリップ・ル・ウェルーIFC長官が、政策研究大学院大学で、IFCの戦略、課題について講演を行いました。

2018年3月8日

3月8日ソーシャルボンド売出債を発行

今般、バークレイズ証券株式会社は、IFCが発行するソーシャルボンド売出債をアレンジすることとなりましたのでお知らせいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

2018年3月1日

3月1日ソーシャルボンド売出債を発行

今般、岡三証券株式会社は、IFCが発行するソーシャルボンド売出債の販売を行うこととなりましたのでお知らせいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

2018年2月20日

2月14日キャリアセミナー「国際金融公社(IFC)で働く~高橋孝郎インベストメント・オフィサー」を開催

3月のリクルートミッションを踏まえ、現在IFCワシントン本部でデジタルファイナンス・フィンテックの投資担当者として活躍する高橋孝郎より、IFCの業務内容や自身の経歴、入社するまでの経験に加え、具体的なCVの書き方や応募方法などをご説明しました。

Takao Takahashi

2018年2月20日

2月9日 東京事務所がインフラセミナーを開催

IFC東京事務所は、「開発のための資金の最大化」(Maximizing Finance for Development: “MFD”)とプライべート・セクター・ウインドウ(PSW)に関するセミナーを開催しました。インフラセクターを中心に、民間ビジネス向けの世界銀行グループのプログラムやJICAとの協調融資案件実績などをご紹介しました。

Infrastructure Seminar Feb2018

2018年2月6日

【ニューヨーク開催】世界銀行グループ・キャリアセミナー国際金融公社(IFC)で働く

世界銀行グループでは、日本人の採用を積極的に行っており、2018年3月にもリクルートミッションを日本に派遣し候補者の面接を行います。今年のリクルートミッションには国際金融公社(以下IFC)の長官が参加し、金融業界の第一線で活躍するミッドキャリアレベルの採用を強化する予定です。今回日本政府の協力で、金融業界を中心にニューヨークで活躍される方々を対象にキャリアセミナーを開催いたします。今回のセミナーでは、IFCから豊田牧子・国際貿易金融プログラムマネージャー(代行)と貝塚由美子・人事部上級HRビジネスパートナーが参加しIFCの業務内容をはじめ、ミッション概要、選考プロセス等をご紹介します。

  • プログラム詳細:こちらをご覧ください。
  • 日時:2018年 2月22日(木)午後5時30分~午後7時30分頃
  • 場所:在ニューヨーク日本国総領事館 ※登録の完了された方に詳細を送付します。
  • 言語:日本語
  • お申込み方法:ご出席をご希望される方は、上記プログラム案内3ページ目参加申込書を2018年2月16日(金)までに世界銀行リクルートメントミッション事務局(ワシントンDC本部)宛、E-mailまたはFaxにてご連絡ください。必要情報をE-mail本文にてお送りいただいても構いません。参加申込書をいただいた後、コンファメーションE-mailをお送りいたします。お申し込み多数の場合には1ページ目応募要件を満たした方を優先させていただきます。

世界銀行リクルートメントミッション事務局(ワシントンDC本部) 
Tel:202-473-0938 Fax:202-473-0901
applicationhrdta@worldbankgroup.org
※総領事館への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

2018年1月30日

2月14日 IFCキャリアセミナーのご案内

世界銀行グループでは、日本人の採用を積極的に行っており、2018年3月にもリクルートミッションを派遣し、事前に行われる書類選考を通った候補者の面接を行います(詳細はこちらからご覧ください)。 今回のセミナーでは、2012年にIFCのグローバル・トランザクション・チーム(現IFC ヤング・プロフェッショナル・プログラム)で入社し、現在はIFCワシントン本部でデジタルファイナンス・フィンテックの投資担当者として活躍する高橋孝郎より、IFCの活動や自身の経歴、入社するまでの経験や準備をご紹介します。 本セミナーへの参加申し込み及び詳細はこちらです。

2018年1月17日

1月29日 世界銀行・IFCキャリアセミナーのご案内

世界銀行グループは、グループ内の組織である世界銀行と国際金融公社(IFC)による日本人を対象としたリクルートミッションを2018年3月に日本に派遣し、事前に行われる書類選考で選ばれた候補者の面接を行います。ミッション派遣を前に、世界銀行・IFCキャリアセミナーを開催します。使用言語は日本語ですが、説明と質疑応答の一部は英語で行います。詳細、お申込みはこちらをご覧ください。

2017年12月1日

12月1日 IFC経済・民間セクター開発総局 グローバル・マクロ経済、市場調査局 リサーチ担当官/上級リサーチ担当官(正社員)を募集(12月7日締め切り)

IFCは日本人職員(正社員)を募集しています。ポジションの詳細はこちらをご覧ください。

2017年10月28日

10月28日 IFC東京事務所がチームアシスタント(正社員)を募集

IFC東京事務所はオフィス事務アシスタント(正社員)を募集しています。ポジションの詳細はこちらをご覧ください。

2017年10月15日

10月15日 IFC東京事務所がオフィス事務アシスタントを募集

IFC東京事務所は4か月間のオフィス事務アシスタントを募集しています。ポジションのTORはこちらをご覧ください。

勤務形態:Short Term Temporary (STT) 4か月間(延長の可能性有)
勤務開始日:2017年11月(応相談)
勤務地:IFC東京事務所
待遇:IFCの所定に基づく
応募方法: 英語の履歴書および英語の志望動機書(A4 1枚程度)をEmail にてifctokyonews@ifc.org までご送付ください。
応募締切: 2017年10月30日(月)日本時間正午
問い合わせ先: 電話(03-3597-6657)またはEmail(ifctokyonews@ifc.org)

2017年10月12日

10月12日 世界銀行グループ、GPIFと債券投資とESGに関する共同研究で提携

世界銀行グループは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と持続可能な投資の促進に向けて提携してゆくことで合意しました。最初の取り組みとして、債券投資における環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する実務的な課題について共同で研究を行うこととしました。 詳しくはこちらをご覧ください。

英語 |    日本語

2017年9月28日

9月27日 IFC が、「子育て支援への取り組み:企業主導型の子育て支援の企業の事例(仮題)」 報告書を発表

本報告書には三菱東京UFJ銀行と住友化学が事例として掲載されています。詳細は弊社プレスリリースをご覧ください。

 

2017年9月26日

9月19日 IFC YPPキャリアセミナー開催

加納裕二 プリンシパル・インベストメント・オフィサーとソフィア・チョー上級人事ビジネスパートナーがIFC YPPについてセミナーを開催しました。詳細はこちらからご覧ください。またIFCヤングプロフェッショナル・プログラムの応募はこちらをご覧ください。

2017年9月14日

9月13日 IFC 東京事務所が日本アフリカCEOビデオ会議を開催

東部および南部アフリカでのPPP/インフラへの投資機会について、アフリカ政府関係者および企業経営者と日本企業および政府系機関による活発な意見交換が行われました。

2017年9月14日

9月19日 IFC キャリアセミナーのお知らせ(加納裕二 プリンシパル・インベストメント・オフィサー)

加納裕二 国際金融公社(IFC)アジア・インフラストラクチャー局プリンシパル・インベストメント・オフィサーから、IFCの役割、民間インフラプロジェクトへの投融資といった現在の業務や入社までのキャリアについてご紹介します。また、香港事務所所属の人事担当者を招き、IFCのキャリアプログラムをご紹介します。応募はこちらをご覧ください。

 

2017年9月4日

9月4日 IFC Young Professionals Programの募集を開始しました。

応募の詳細はIFC本部ウェブサイトをご覧ください。

2017年8月10日

8月10日 Short-Term Consultant (STC) (東京勤務)の締め切りを延長(8月28日正午締切)

応募の詳細は7月31日のお知らせをご覧ください。

2017年7月31日

7月31日 IFC東京事務所がパートナーシップなどを担当するShort-Term Consultant (STC) (東京勤務)を募集(8月28日正午締切)

IFCは、世界銀行グループの一翼を担い、途上国の民間企業に対して、融資、出資さらにアドバイスを直接提供することにより、開発を推し進めようとしています。東京事務所は、そのような途上国のビジネスと日本のステークホルダーの橋渡しをしていますが、今般、ステークホルダーとのパートナーシップをさらに強化する観点から、新たな人材を求めることに致しました。現在、パートナーシップなどを担当するOperations Analystを募集しています。勤務形態は、在京で、短期のコンサルタント(STC)となります。なお、当事務所では、過去、STCから正規職員になった例もあります。ポジションのTORはこちら をご覧ください。

勤務形態 

  • Short Term Consultant(STC)
  • 年間150日勤務(勤務日など応相談)
  • 勤務開始日:2017年9月(応相談)
  • 勤務地:IFC東京事務所
  • 待遇:IFCの所定に基づく

 応募方法

英語の履歴書および英語の志望動機書(A4 1枚程度)をEmail にてifctokyonews@ifc.org までご送付ください。

応募締切

2017年8月28日(月)日本時間正午

問い合わせ先

電話(03-3597-6657)またはEmail(ifctokyonews@ifc.org)

2017年7月26日

7月25日 アフリカ開発銀行主催、第2回日本―アフリカ ビジネスフォーラムへ参加

アフリカ開発銀行主催の第2回日本―アフリカ ビジネスフォーラムが開催され、IFC東京事務所より黒澤が、「アフリカにおけるインフラプロジェクトへの融資」にスピーカーとして出席し、IFC-MIGAのリスクを軽減するファシリティなどを紹介しました。

2017年7月25日

7月20日 第4回世銀グループ- JICA ・ハイレベル対話を実施:民間セクターのセッションを設けIFCも参加しました

IFCからは、ネナ・ストイコヴィッチ副総裁が出席しました。詳細はこちら(JICAウェブサイト)からご覧ください。

2017年7月24日

7月24日 IDA 18 IFC-MIGA Private Sector Window (PSW) のご紹介

最も必要とされる場所に新たな市場を拓き、機会を創出するために、7月に始動したIFC-MIGAの新しいプロダクトを紹介しています。詳細はIDA18Private Sector Windowのウェブサイト(英語)をご覧ください。

2017年7月24日

7月24日 IFC Tokyo ニューズレターのご紹介

IFC 東京事務所では、今年からお客様にニューズレターを送付しています。過去のニューズレターは下記をご覧ください。

第1回:ご挨拶とIFC東京のご紹介
第2回:IFCの協調融資プログラムのご紹介

2017年7月14日

7月13日 リクルートメントセミナー開催

IFCナイロビ事務所のアグリビジネスセクターで活躍する小辻洋介より、自身の経歴やIFCで働こうと思った動機、IFCでの仕事の内容などを紹介しました。現在のIFCのポジションの募集は、こちらをご覧ください。

 

2017年7月13日

7月12日 アフリカ農業・食品セクターの勉強会を開催

ナイロビ事務所の小辻洋介が、アフリカにおける農業・食品セクターの勉強会を開催し、具体的な案件事例や課題を説明しました。投融資のご相談は、IFC東京事務所(03-3597-6657)までご連絡ください。

2017年7月12日

7月11日 IFC/JICA 協調融資プログラムに関するセミナーを開催しました

IFCはJICA(国際協力機構)とIFC/JICA協調融資プログラムに関するセミナーを共催しました。2017年5月にIFCとJICAが締結した協調融資に関する覚書を踏まえ、枠組みの説明及び協調融資の実例もご紹介しました。 本プログラムに関する質問等は、IFC東京事務所(03-3597-6657)までご連絡ください。

2017年6月30日

7月13日 IFCリクルートメント・セミナー開催  小辻洋介(シニア・インベストメント・オフィサー)

IFCケニア ナイロビ事務所で投資担当者として活躍する小辻洋介より、IFCの活動や自身の経歴をご紹介します。

■ 日時:2017年 7月13日(木) 午後5時00分~午後6時
■ 場所:世界銀行東京事務所 東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル10階
■ 言語:日本語
■ お問合せ:IFC東京事務所 E-mail: ifctokyonews@ifc.org Tel:03-3597-6657

申し込み方法や詳細はこちらをご覧ください。

2017年5月8日

2017年5月8日

5月8日 JICAと協調投融資のための業務協力にかかる覚書を調印~今後5年間で15億ドルを目標に~

IFCと国際協力機構(JICA)は、途上国における開発効果の高いプロジェクトに対して、今後5年間で15億ドルを目標に協調して投融資を行うための業務協力にかかる覚書を締結しました。覚書は途上国における民間セクターのプロジェクトに対して、両機関で行う協調投融資を促進するために、協力体制の更なる強化を図るものです。

両機関は2015年4月に締結した基本協力協定(Master Cooperation Agreement)によって、協調融資案件における協働プロセスを取り決め、融資の迅速化・効率化を図ってきました。両機関の協調融資第一号案件として、2017年3月にはバングラデシュにおける民間のコンバインドサイクルガス火力発電所(出力規模約400メガワット)に対する協調融資(「シラジガンジ高効率ガス火力発電事業」)を承諾しています。今回の覚書は、このような両機関による組成・審査プロセスの円滑化の取り組みを一層強化することで、JICAとIFCによる協調投融資を拡充するものです。

詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください。
日本経済新聞に掲載された記事はこちらです。

2017年3月29日

3月29日 JICAとバングラデシュ人民共和国「シラジガンジ高効率ガス火力発電事業」に対する協調融資貸付契約の調印

IFCは、シンガポール法人Sembcorp Utilities Pte Ltd.及びバングラデシュ北西部発電会社(North-West Power Generation Company Ltd.)が出資してバングラデシュに設立する特別目的会社であるバングラデシュ法人Sembcorp North-West Power Company Ltd.が行う事業を対象として、国際協力機構(JICA)と協調で貸付契約を締結しました。

本融資は、JICA、英国開発金融機関のCDC Group Plc、シンガポールのClifford Capital Pte. Ltd.との協調融資です。また、本事業はIFCとJICA海外投融資との協調融資によるドル建てプロジェクトファイナンス案件であり、2015年にJICAが途上国における民間セクター向け融資業務の円滑な協働を行うためにIFCと締結した基本協力協定(Master Cooperation Agreement)に基づく、初の協調融資案件です。

詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください。

「JICA出典」

2017年3月6日

3月6日 初の「ソーシャルボンド・インパクト・レポート」(英語)を発行

IFCは、本日初めて「ソーシャルボンド・インパクト・レポート」を発行いたしました。インパクトをもたらす投資への関心の高まりを受けて、IFCは、既存の「インクルーシブ・ビジネス・ボンド」及び「女性企業家支援のための債券プログラム」の2つの債券プログラムを統合して「ソーシャルボンドプログラム」を立ち上げ、環境・社会・ガバナンス基準を満たすAAA格付けの資産へのより幅広い投資機会を投資家に提供します。IFCは、より多くの資金を持続可能な開発に動員するため、国際資本市場において最も革新的な発行体となることを目指します。「ソーシャルボンドプログラム」の詳細はこちら(英語)をご覧ください。

報告書(英語版)をダウンロード

2017年3月3日

3月3日 世界銀行グループ日本人職員募集

世界銀行グループは現在日本人を募集しています。IFCのポジションも掲載されております。詳細はこちらをご覧ください。

2017年2月27日

2月21日 シンジケート・ローン商品の説明会を開催

IFCは、三菱東京UFJ銀行と協働で、IFCの新興国市場向けのシンジケート・ローン商品(米ドルを活用したBローンならびに円を活用した新商品HALP)について説明会を開催しました。

2017年2月14日

2月8日 IFCバージョン3.0「市場を切り拓くIFCの挑戦」

フィリップ・ル・ウェルー(IFC長官)がワシントンDCのCenter for Global Developmentで「市場を切り拓くIFCの挑戦」であるIFCバージョン3.0について講演しております。こちらをご覧ください。