国際金融公社(IFC)  トピックス  金融危機:IFCの対応  途上国銀行資本増強ファンド

IFC銀行資本増強ファンド

IFC銀行資本増強ファンドは、新興国の金融システムにとって重要な銀行を、出資・劣後融資を通じた資本増強により支援するファンドです。当ファンドは、グローバルな金融危機の影響を緩和しつつ、新興国における経済回復や雇用創出を加速化することを目的としています。

 

2009年2月に設立された当ファンドに対しては、IFCによる10億ドルの拠出に加え、日本政府は、当ファンドの重要な設立パートナーとして、国際協力銀行(JBIC)を通じて20億ドルを拠出しています。IFCの推計によると、当ファンドの投資・劣後融資30億ドルに加え、他投資家の共同出資・融資により全体として750億ドル近くの資本増強効果が生まれ、投資先の銀行は、顧客に対する融資を増大できます。IFC銀行資本増強ファンドはこうした効果により、新興国に及ぼされる金融危機の影響を緩和することを目指しています。

 

調印済み投資案件はこちら(英語)をご覧ください。

 

 

関連プレスリリース