IFC長官からのメッセージ  

Share this page
Share this page
言葉よりも行動を
フィリップ・ル・ウェルー



フランスの詩人アルフレッド・ド・ミュッセの名言の一つに、「Il vaut mieux faire que dire(言葉よりも行動を)」があります。私は、常にその言葉のように生きたいと努めてきましたが、国際金融公社(IFC)の長官在任中は、その言葉が特に役立ちました。

2016年3月にIFC長官に着任した際、私は、民間セクターの力を活かして、貧しく脆弱な国々が切実に必要としている経済成長と質の高い雇用を実現するべく、これらの国々への支援をより深めていくことを目標に掲げました。

過去4年間にわたり、IFC3.0と名付けたこの戦略を実践し、市場の発展に向けて、より計画的で体系的なアプローチへとIFCのビジネス・モデルを進化させてきました。この戦略の下、困難な市場で収益性のあるプロジェクトを増やすために必要な基盤を作り上げてきました。

IFCの最も重要な取組みの中には、プロジェクト開発と業界の専門知識を備えた専任のアップストリーム(川上)部門の設立、現地でのプレゼンスの向上、リスク軽減を図る革新的な資金調達手段の導入、投資機会を特定するための新しい国別戦略の策定、世界銀行とのより緊密な連携などがあります。

IFCの活動は、株主の力強い支援に支えられていますが、その中でも日本の位置づけはとても重要です。 IFCの増資に向け、株主の合意を図る際に日本が果たしてくれた役割に深く感謝の意を表します。日本は、既にIFCの2番目の主要株主であり、この度の増資においても最大の出資者として、多大な支援とリーダーシップを示してくれました。

昨年夏、横浜で開催されたTICAD7に、世界銀行グループを代表して参加したこともIFC長官としての良き思い出の一つです。1993年に日本の主導で始まったTICADは、アフリカの開発を推進するというIFCの使命と一致しています。 TICADは進化を続け、TICAD 5以降民間セクターがアフリカで果たす役割を高め、TICAD6以降は日系及びアフリカの民間企業の関与を高めたのは安倍前首相の功績であり、敬意を表したいと思います。

TICAD7

日本の民間セクターは、国際協力機構(JICA)や国際協力銀行(JBIC)のような開発金融機関と同様に、多岐にわたる地域や産業のプロジェクトにおいて協力して協調融資を行ってきたIFCの主要な事業開発パートナーです。先日は、日本貿易保険(NEXI)とも、貧しく脆弱な国々で民間セクター主導の開発を共同で推進する業務協力の覚書を締結しました。さらに、日本はIFCの資金調達において重要な市場の一つです。主要通貨及び新興市場通貨建ての売出債、グリーン及びソーシャルボンドを通じてIFCの年間資金調達額の10%以上を日本市場から調達しています。

また、2019年には、IFCが他のインパクト投資家とともに策定した『インパクト投資の運用原則』にJICAが日本で初めて署名し、日本での原則の普及に向けて端緒を開きました。現在、この運用原則の署名機関は100社を超えています。これらの画期的な基準は、インパクト投資市場に切望されていた規律や透明性、信頼性をもたらすものです。

最後に、IFCへの日本人職員の多大なる貢献について言及したいと思います。IFC長官在任中、私は職員の多様性を高めることを優先事項の一つと決め、日本人職員の増員もその一環として取り組みました。私がIFCに着任した時、50名程だった日本人職員数は、現在は80名を超えています。私は、日本人職員増員に向け、日本で毎年採用活動を行うようにしました。この取組みは新たな才能ある日本人の発掘に功を奏し、今年は過去最高となる17名の日本人を採用できたことを非常に嬉しく思います。さらに、同期間に東京事務所の職員数も2倍以上に増やし、投融資、財務、パートナーシップ及びコミュニケーション分野の強化を図り、日本におけるIFCのプレゼンスを大幅に拡大しました。

私のIFC長官としての務めは、9月30日が最後となります。IFCを離れる決断は容易ではありませんでしたが、満足していることがあるとすれば、IFCの中核に開発問題を持ってくる、そしてIFCを開発問題の中軸に育て上げるため、必要な改革を4年間にわたってやり遂げ、この組織がこれまで以上に大きなインパクトを実現できるようになったことです。

そして、日本のような主要なパートナー達の支援を得て、IFCはさらに貧しく脆弱な国々への支援を深めていくという私たちの目標実現に向けて取り組んでくれることを確信しています。その確信を胸に、私はIFCでの日々を振り返り、改めて言いたい、『Il vaut mieux faire que dire(言葉よりも行動を)』と。

原文(英語)はこちらから:Doing is Better Than Saying by Philippe Le Houérou