ケーススタディ:日本企業による途上国ビジネスへの支援 エジプトリース事業(オリックス)

物品賃貸業 融資の概要

プロジェクト概要

事業主体

オリックス・リーシング・エジプト(OLE)社

所在地

エジプト・アラブ共和国
カイロ

調印年月

1996年9月

スポンサー
オリックス
オリックス・リーシング・
パキスタン社
エジプト国立銀行

 

Photo: World Bank

製造業の育成に取り組むエジプトでは、設備投資による好調なリース需要が見込まれています。特に、中堅・中小企業に向け金融サービスの充実は重要です。

IFCは1996年9月、オリックスやエジプト国立銀行などが出資するOLE社との間で500万ドルの融資(Aローン)契約に調印しました。 また、総額300万エジプト・ポンド(約88万ドル)に相当する同社株式15%(1)を取得しました。

OLE社はエジプト初の民間リース会社として、中堅・中小企業向けに自動車、および一般設備機器リースを行っています。オリックスにとって、中東・アフリカで初の合弁会社であり、イスラム圏市場開拓の足場として期待されています。

IFCによる開発効果

IFCは、技術提携先の特定やファイナンスのストラクチャー立案などを支援しました。また、IFCの投融資により、各機関が安心して案件を進めることができました。

OLEの事業拡充により、金融へのアクセスが改善し、経営状況に即した設備投資など中堅・中小企業の経営基盤強化につながりました。

リース業の育成により、商業銀行に集中する金融を多角化することができました。

OLEの商品

注:
1. IFCは2004年の株主割当増資に参加せず、持分は7.5%に希薄化