ケーススタディ:日本企業による途上国ビジネスへの支援 アラブ首長国連邦における水事業

水事業 投融資の概要

プロジェクト概要

事業主体

METITO Holdings Limited社

所在地

アラブ首長国連邦
ドバイ

調印年月

2014年6月

スポンサー

三菱商事
三菱重工 他

参加公的機関

国際協力銀行

Photo: METITO UAE

水へのアクセスは人々の生活に必要不可欠です。IFCは中東・アフリカ・アジア地域で幅広く水事業を手がける、METITO Holdings Limited 社に対し、投融資を通じ同社の事業を2007年から支援しています。

2014年6月、三菱商事及び三菱重工が、METITO社の38.4%の株式取得に係る契約を締結しました。また、国際協力銀行(JBIC)は日本企業の海外展開を支援する目的で創設された「海外展開支援出資ファシリティ」の一環

として、最大92百万米ドルのMETITO社の種類株式引受による出資を行い、同社の成長に必要な資金の調達を支援します。 IFCは、三菱商事・三菱重工・JBICとのMETITO社への共同投資を通じ、日本企業の海外ビジネス展開を支援しています。