ケーススタディ:日本企業による途上国ビジネスへの支援 コロンビアにおけるインフラファイナンス

インフラファイナンス 融資の概要

プロジェクト概要

事業主体

Financiera de Desarrollo Nacional S.A. (FDN)

所在地

コロンビア
ボゴタ

発表年月

2015年4月(株式売却)

スポンサー
三井住友銀行
IFC
コロンビア財務・公債省
アンデス開発公社(CAF)

Photo: World Bank

IFCは、2014年からコロンビアの国営開発銀行であるFinanciera de Desarrollo Nacional S.A. (FDN) のインフラセクター及び公共サービスへの投資を支援し、同行の貸出機能を高めるのみならず、同国の官民パートナーシップを促進しています。 FDNは、インフラセクターに特化していますが、中長期的には電力、交通、ヘルスセクターにも注力していきます。

2014年7月、三井住友銀行はFDNと業務協働合意書を締結し、2015年4月、三井住友銀行は、IFCより FDNの株式8.84%を取得しました。

IFCは、三井住友銀行と共に FDNへの共同投資を通じて、コロンビアの社会・経済発展に貢献しています。