ケーススタディ:日本企業による途上国ビジネスへの支援 ロシア: ベアリング事業 (大同メタル工業)

自動車部品製造業 融資の概要

プロジェクト概要

事業主体

大同メタルロシア社

所在地

ロシア連邦
ニズニーノヴゴロド州

調印年月

2007年 11月

スポンサー
大同メタル工業

参加公的機関
EBRD

Photo: World Bank

IFCは2007年11月、ロシア最大の半割メタル(軸受)製造メーカーであるZMZ-ベアリングス社との間で、総額6億円を限度とする融資(Aローン)契約に調印しました。

本融資は、大同メタル工業がロシアのOEMメーカーであるセベルスタリアフト社からZMZ社の全株式を取得、また同社のリース資産を購入するため、およびZMZ社の運転資本強化に必要な資金として活用されます。

グローバル展開を図る大同メタル工業にとって、自動車産業の成長が見込まれるロシア市場での事業拡大への足がかりとして位置づけられています。

融資の背景

本融資は、大同メタル工業にとって初めての対ロシア投資となりました。IFCの現地でのプレゼンスと案件実績が評価されました。

現地政府、金融機関、およびセベルスタリアフト社との良好な関係

  • 当該地域、および自動車関連ビジネスについての理解(販売ネットワーク、消費者金融の提携状況など)
  • 民間の中堅企業に対し、現地で調達しにくい長期ファイナンスを提供しました。

IFCによる開発効果

経済への影響

  • モスクワに次いで主要な ニジニー・ノヴゴロド地域の経済活動を促進
  • ロシア国内で信頼できる自動車部品OEM受注先の育成を図る

社会への影響

  • 地域の雇用創出、従業員のスキルアップ
  • ロシア政府の税収増

環境への影響

  • 現地の経営陣に対して、環境に配慮した効率的な経営を推進
  • 生産性の高い業務慣行を紹介することにより、環境負荷を低減