IFC東京事務所スタッフの紹介


黒澤 利武|所長

2016年7月にIFC東京事務所長に就任。就任前は、IMF審議役、米州開発銀行(IADB)理事代理など、国際機関を歴任。また、日本政府においては、財務省入省後、金融庁企画課長、証券取引等監視員会証券検査課長、経済産業省審議官など、要職を歴任、長く金融行政と開発金融に従事。

東京都出身、日本国籍。東京大学法学部卒業、フランス国立行政学院(ENA)国際課程修了、パリ大学ドーフィンヌ校にて経済学修士号(DEA)取得。使用言語は日英仏語。

投融資プロジェクト担当

陳野 浩司|チーフ・インベストメント・オフィサー

担当:製造業、農林水産業、不動産・サービス業、テレコム、金融、インフラ

2015年IFC入社。入社以前は、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーで投資銀行業務、JPモルガンでプライベート・エクイティ業務に従事後、あおぞら銀行専務執行役員、ドイツ証券投資銀行本部長などを経て現職。慶應義塾大学卒。イエール大学修士号を取得。

中山 幸穂|シニア・インベストメント・オフィサー

担当:製造業、不動産、ヘルスケアを含むサービス業

2007年IFC入社。ワシントン及びメキシコ・シティーでの勤務を経て2018年から東京事務所勤務。IFC入社以前は、みずほ銀行で融資業務、JPモルガン証券会社で株式の引受業務に従事。早稲田大学卒。タフツ大学フレッチャー・スクールで修士号を取得。

伊藤 由美子|インベストメント・オフィサー

担当:アグリビジネス、林業

2005年IFC入社。米国勤務を経て2019年から東京事務所勤務。IFC入社以前は、米国デロイトで国際税務業務に従事。慶応義塾大学卒。UCサンディエゴで修士号を取得。

柏田 顕吾|インベストメント・オフィサー

担当:金融機関

2018年IFC入社。入社以前はJPモルガン証券会社で債券・株式業務、KPMG FASでM&Aアドバイザリー業務、日系事業会社にて事業投資業務に従事。早稲田大学卒。慶應義塾大学大学院経営管理研究科で修士号を取得。

長 文音|インベストメント・アナリスト

担当:製造業、農林水産業、不動産・サービス業、テレコム、金融、インフラ

2019年IFC入社。入社以前は、みずほ銀行でLBOファイナンス業務、及びM&Aアドバイザリー業務に従事。東京大学卒。

資産運用・資金調達担当

安井 真紀|シニア・ファイナンシャル・オフィサー

担当:日本における資金調達、投資家とのリレーション(IFC債券)

2018年IFC入社。東京事務所にて日本における資金調達、投資家とのリレーションを担当。 IFC入社以前は、国際協力銀行(JBIC)にて航空機ファイナンス、中東・アフリカ向け融資、法務・コンプライアンス、企業審査業務等を担当。2018年7月までJBICワシントン事務所首席駐在員。2015年から2018年まで週刊エコノミストにコラムを執筆。

寺見 興生|シニア・クライアント・リレーション・マネジャー

担当:IFCアセットマネジメント社(AMC)の組成するファンドの販売等

2014年より現職(シンガポール駐在)。2005年にIFCに入社、ワシントン本部で新興国プライベート・エクイティ・ファンド向け投資を担当。その後東京事務所副所長として日本企業の新興国進出を支援。IFC入社前は、国連開発計画(UNDP)ラオス事務所と住友銀行(現 三井住友銀行)で勤務。京都大学法学部卒業。イェール大学経営大学院にて経営学修士(MBA)を取得。

パートナーシップ担当

武木田 亜沙美|オペレーションズ・アナリスト

担当:政府、信託基金

2018年IFC入社。入社以前は、財務省国際局や欧州復興開発銀行の日本理事室にて、開発金融業務に従事。早稲田大学卒、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で修士号を取得。

大澤 佳純|オペレーションズ・アナリスト

担当:政府系機関

2019年IFC入社。入社以前は、三井住友銀行でファイシャルアドバイザリー業務に従事。早稲田大学卒、Institute of Development Studies (University of Sussex)で修士号を取得。

コミュニケーション担当

岩立 澄子|シニア・コミュニケーションズ・オフィサー

担当:日本におけるメディア対応やマーケティングなどのコミュニケーション業務

2019年IFC入社。モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、中小企業基盤整備機構を経て現職。国際基督教大学卒。