FEEDBACK

Have 5 minutes? Help us improve how content is organized on IFC.org by completing a brief survey.

Take Quick Survey

無印良品のインクルーシブなサプライチェーン構築の取組み

Share this page
Share this page

無印良品のインクルーシブなサプライチェーン構築の取組み

 

IFCは、2018年より無印良品のサプライチェーンの取り組みについて調査を開始し、小規模生産者や無印良品の最終消費者、経営層及び従業員等の関係者からのヒアリングやアンケート調査を通じて得られた分析結果と知見をまとめ、2021年3月に『 インクルーシブ・サプライチェーンの構築に向けて(Building Inclusive Supply Chains)』と題した報告書を発表しました。同報告書では、無印良品が途上国において、女性を中心とする小規模生産者と協働してインクルーシブ・サプライチェーンを構築してきた経緯とバリューチェーン全体に関わるステークホルダーへのインパクトに加え、企業が途上国の小規模生産者をグローバル・バリューチェーンに組み込む際の課題と機会や開発金融機関と協働する際の教訓についてまとめています。IFCは、日本政府の包括的日本信託基金(CJTF)の資金的支援を受けて2015年から2020年まで無印良品の途上国における商品開発及び途上国生産者の能力開発を含むインクルーシブなサプライチェーンの構築に向けてアドバイザリー・プロジェクトを通じた支援を行っており、本報告書も同基金より資金支援を受けて作成されています。英語版はこちらをご覧ください。