協調融資:Bローン

Bローンの枠組みを通じて調達した資金を含む融資を行う場合、IFCは融資全体の一部を自己勘定から拠出し(Aローン)、残りの参加権を他の金融機関に売却します(Bローン)。借入人はIFCとのみ融資契約を締結し、IFCはその他の参加金融機関と参加契約を結びます。借入人に対してはIFCが契約上、単独の貸付人となります。しかし、名義上の貸付人はIFCですが、他の金融機関の存在は借入人にも認知され、様々な取引記録や公開情報にも表示されます。

A/Bローンの枠組みを利用すると、参加金融機関はIFCの国際開発金融機関としての地位から得られる恩恵を享受することができます。元本、利息、手数料といったすべての支払いに関し、IFCの「優先債権者としての地位」が適用されます。また、IFCはAローンとBローンへの支払いを比例配分で行います。そのため、すべての参加金融機関への支払いが全額完了するまで、IFCも全額を受領することはありません。同様に、他の金融機関への債務不履行が発生した場合、IFCに対しても債務不履行が発生します。

参加金融機関の利点

  • IFCの「優先債権者としての地位」を共有することができ、外貨送金・交換リスクが抑えられます。
  • 世界から評価を受けるIFCのリスク管理体制による恩恵が得られます。
  • 世界銀行グループを通じたIFCと各国政府との関係から恩恵を受ける可能性があります。
  • IFCのストラクチャリングやリストラクチャリングのスキルによる恩恵が得られます。
  • IFCの環境・社会面におけるリーダー的立場からの恩恵が得られます。
  • Bローンへの参加を通じ、新規顧客や各国との関係構築が図れる可能性があります。

借入人の利点

  • Bローンで融資パッケージを完成させることができます。
  • 通常よりも返済期限の長い融資が受けられます。
  • IFCからの融資は全額が源泉課税を免除されます。
  • A/Bローンの枠組みでは、名義上の貸付人がIFC単独であるため、手続や文書化が簡便化されます。
  • Bローンのシンジケーションを通じ、金融機関との新たな取引が生まれる可能性があります。