IFCストーリー

Share this page
Share this page

Results - 10 of at least 30 items found

マダガスカルの古代牛を守る現代的なタグシステム

May 5, 2022

マダガスカルの古代牛を守る現代的なタグシステム

人口の大部分が1日2ドル未満で生活している貧しい国では、残念なことに貴重なコブウシは、地元で「ダハロス」と呼ばれる窃盗犯の標的になっている。

キルギス共和国のビジネス変革を支えるプライベート・エクイティ

Apr 27, 2022

キルギス共和国のビジネス変革を支えるプライベート・エクイティ

資金調達が難しいキルギス共和国の中小企業や起業家に対し、資金だけでなく経営ノウハウなども提供するプライベート・エクイティ・ファンドがその成長を支えています。IFCはこれらのファンドへの出資を通じ、間接的に中央アジアの民間セクターの成長を支援しています。

グリーン化がアフリカの製造業にもたらす利益

Mar 15, 2022

グリーン化がアフリカの製造業にもたらす利益

重工業が成長を牽引する時代が終わり、気候変動危機が深刻化する中、アフリカは製造業のグリーン化を進めることで新たな経済発展と高度化を実現できる可能性があります。そのために、地域の豊富な資源を活かし、産業基盤となるインフラへの投資と人材の能力向上に向けた取組みが不可欠となります。

ゼロカーボン建築物を実現するための7つのステップ

Nov 4, 2021

ゼロカーボン建築物を実現するための7つのステップ

世界中が、ネットゼロに向けてアクセルを踏む中、二酸化炭素排出量の3分の1を占める建築物のグリーン化は不可欠です。2050年までの気温上昇を1.5度に抑えるには、既存建築物の3~5%を毎年改築していく必要があります。築15年の住宅をゼロカーボンビルに生まれ変わらせたメキシコの施工事例を通し、グリーン化実現に向けての7つのステップをご紹介します。

民間資金を活用して、水道システムを強化する

Nov 3, 2021

民間資金を活用して、水道システムを強化する

豊富な水資源に恵れながら、長年の投資不足により上下水道インフラの整備が遅れているブラジルは、気候変動問題もあって水の持続的供給への懸念が高まっています。同国の水道事業者大手コルサンに対し、IFCはグリーンローン及びサステナブル・リンク・ローンを通じ、水インフラ整備に最大4億5,000万レアルを融資、さらに日本政府の支援を得て水損失の削減とエネルギー効率の改善に向けた助言サービスを行っています。

ネットゼロに移行するための資金調達手段

Nov 3, 2021

ネットゼロに移行するための資金調達手段

世界の関心がコロナ対応から気候変動対応へとシフトする中、政府や民間企業が気候変動対応に必要な資金を調達する手段として、資本市場を活用したサステナブル・ファイナンスへの注目が高まっています。資金ニーズの高い途上国により多くの資金を呼び込むため、様々な商品開発や規制環境の整備に向けた取組みが進んでいます。

医薬品生産の現地化に向けたアフリカの取組み

Oct 6, 2021

医薬品生産の現地化に向けたアフリカの取組み

新型コロナウイルスの世界的感染拡大によるサプライチェーンの混乱は、従来から医薬品の海外依存度が高いアフリカに深刻な医療危機を引き起こしました。医薬品へのアクセス向上や薬価引き下げ、医療体制の強化に向け、アフリカ大陸に医薬品の現地生産ハブ拠点を構築する取組みが進んでいます。

PPE生産の現地化戦略を推進するアフリカ企業の挑戦

Sep 1, 2021

PPE生産の現地化戦略を推進するアフリカ企業の挑戦

ナイジェリア出身のオデュナイヤ氏は、イギリスでキャリアを積んだ後、両親が祖国で起業したヘルスケア製品を製造するウェミィ・インダストリーズ(Wemy Industries)の経営を引き継ぎました。新型コロナ危機下において、IFCなどから支援を受け、既存事業との相乗効果を高いマスクや個人用防護具事業に参入、材料の不織布の現地生産を進め、必需品の国内供給の安定化を図るとともに長期的な成長戦略を進めています。

グリーンビルディングが築くグリーンな未来

Aug 18, 2021

グリーンビルディングが築くグリーンな未来

ルーマニアでは、環境に配慮した物流施設や商業施設の建設が進んでいます。気候変動対策に対する効果的な解決策の一つとして注目されるグリーンビルディングは、持続可能で強靭かつ包摂的な低炭素経済の実現への貢献が期待されており、IFCはグリーンファイナンスやグリーンビルディングの国際認証基準の提供を通じてこの取組みを支援しています。

ウクライナの工業都市が描くスマートでグリーンな未来

Jul 29, 2021

ウクライナの工業都市が描くスマートでグリーンな未来

ウクライナ南部にある工業都市ザポリージャは、都市化に伴う人口急増や公共インフラの老朽化に対処するため、スマートシティ構想を掲げ、グリーンで持続可能な都市づくりに取り組んでいます。財源不足に悩む同市に、IFCは『シティ・プログラム』を通じて資金や助言サービスを提供し、デジタル化や公共交通インフラの刷新による環境に優しいスマートシティの実現を支援しています。