IFCストーリー

Share this page
Share this page

Results - 10 of at least 18 items found

コロナ下で安心届けるテック・スタートアップ企業の取組み

Mar 23, 2021

コロナ下で安心届けるテック・スタートアップ企業の取組み

新型コロナ危機下で、南アジアのスタートアップ企業が、ワクチンや医薬品などの必需品輸送のため、デジタル化とコールドチェーンを含む物流インフラの整備を加速しています。公衆衛生上不可欠となる温度管理が可能な物流の確保に向け、官民及び業界内の迅速な連携が大きな成果をもたらしています。

明るい展望:ウズベキスタンの未来を支える太陽光発電

Feb 26, 2021

明るい展望:ウズベキスタンの未来を支える太陽光発電

ウズベキスタンのナヴォイ市郊外に広がる草原に、31,000世帯以上の電力供給を賄う新たな太陽光発電所の建設が進んでいます。ウズベキスタンでは、経済成長に伴い急激な都市化と工業化による電力需要の増加が見込まれており、世界銀行グループのスケーリング・ソーラー・プログラムを活用した太陽光発電所の建設に取り組んでいます。このプロジェクトは、商業的に有望な事業モデルの良き前例となるだけでなく、同国の電力供給の強靭性を高める効果が期待されています。

夢を追い続けるアフガニスタンの女性起業家たち

Jan 6, 2021

夢を追い続けるアフガニスタンの女性起業家たち

アフガニスタンに住む22歳のセルセラ・ニーハンは、12年に及ぶ難民生活を経て、厳格な慣習や悪い治安、新型コロナの影響を乗り越え、IFCが出資するマイクロファイナンス機関の支援を得て、長年の夢であった起業を実現しました。

アフリカの食料問題の根本的な解決に取り組む

Dec 9, 2020

アフリカの食料問題の根本的な解決に取り組む

食料安全保障の解決には現地生産の拡大が不可欠です。アフリカの食料安全保障の課題解決に向け、IFCは民間パートナーと協力して、生産から販売までの輸送を含むサプライチェーンの構築・改善のための支援を行っています。

急ピッチで進むモロッコの路面電車網の整備

Dec 7, 2020

急ピッチで進むモロッコの路面電車網の整備

モロッコ最大の商業都市カサブランカで進めむ路面電車の整備プロジェクトは、住民の生活環境を大幅に改善するとともに同都市の持続的な発展を支えています。さらに、この画期的なプロジェクトは同国の地方政府に新たな資金調達の道を拓きました。

トンガの人々の新たな金融のライフライン

Nov 30, 2020

トンガの人々の新たな金融のライフライン

トンガにとって、海外で出稼ぎをする家族からの送金は重要な収入源で、トンガの家計収入の約30%にのぼります。オーストラリアで、季節労働者として働くヴィリアミ・ロータワは、IFCとトンガ開発銀行(TBD)が開発したオンライン送金サービスである「アヴェ・パアンガ・パウ(安全な送金)」を使って母国で暮らす家族に大幅に安い手数料で安全かつ迅速に送金することができるようになりました。

モンゴルの小規模企業のニーズに合わせた支援策

Nov 19, 2020

モンゴルの小規模企業のニーズに合わせた支援策

新型コロナ対応策の一環として、IFCは他のパートナーとともにモンゴルのノンバンク金融機関への緊急融資を通じ、同国の1万5,000社を超える零細・小規模事業者や地方企業の金融アクセスを確保し、経営危機からの回復を支援しています。

アフリカに眠る1,800億米ドルの投資機会を開拓する

Nov 11, 2020

アフリカに眠る1,800億米ドルの投資機会を開拓する

GoogleとIFCが発表した新報告書「e-Conomy Africa 2020」では、アフリカ のインターネット経済 は2025年までに約1,800億ドルに達し、2050年までには7,120億ドルに達する可能性があると試算しています。このインターネット経済への変革をアフリカのIT起業家達が牽引しています。

新型コロナとの戦いにおけるグローバル対応と地域的影響

Oct 28, 2020

新型コロナとの戦いにおけるグローバル対応と地域的影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴うIFCの支援策は、貧しく、脆弱な人々への支援に重点を置いています。IFCは、80億ドルのファストトラック融資ファシリティのうち、40億ドル以上を既にコミットしており、事業を展開する全ての地域で進行するプロジェクトも着実に進めています。

新型コロナ危機下でビジネス・コミュニティが人命を救う

Sep 30, 2020

新型コロナ危機下でビジネス・コミュニティが人命を救う

新型コロナのパンデミックにより国内の状況が深刻化する中、ウクライナ第三の都市オデッサでは、民間企業が危機対応支援に乗り出しました。民間主導で立ち上げられた危機対応センターでは、約5百万ドルを地元企業から動員し、病院には医療機器、医師には特別防護服を提供し、一般家庭には食料や備品の支給まで行いました。その際に活かされたのは、民間企業の経営ノウハウでした。