IFCの業務

Share this page
Share this page

IFCは、投融資、助言提供、資産運用という3つのサービスを主軸とし、開発途上国の民間セクター開発を支援しています。

投融資

企業は、IFCの金融商品を利用して、リスク管理や内外の資本市場へのアクセスを拡大することができます。IFCは商業ベースで運営されています。IFCの投融資は、途上国における営利目的のプロジェクトのみを対象とし、その商品やサービスには市場金利が適用されます。これらの商品・サービスは、インフラ、製造、アグリビジネス、サービス、金融市場といった分野を中心に、様々な業種の顧客の具体的なニーズに見合うよう設計されています。2018年度のIFC長期投融資は、366件のプロジェクトを対象に、総額約116億ドルに上りました。また、途上国の民間セクター支援のために動員した資金は約117億ドルでした。

融資によるサポートの種類

  • 融資(Aローン)
    IFCが自己資金で行う融資
  • 協調融資(Bローン)
    複数の金融機関が協調してシンジケート団を組成し、同一条件で行う融資。IFCが名義上の貸し手となるため、参加金融機関は、国際機関としてIFCが受けるメリットを同様に享受できます。
  • 協調融資運用ポートフォリオ・プログラム(MCPP)
    新興国市場の民間セクターに対する様々な融資を組み合わせたポートフォリオを提供する、画期的なシンジケーション・プラットフォームです。

投融資のご相談はこちら

助言

市場を構築し民間投資を喚起するというIFCの戦略において、助言の提供は極めて重要です。この活動を通しIFC は、民間資本を最大限呼び込むうえで必要な条件の整備を支援し、民間セクターの成長を促します。2018年度、IFCの助言ポートフォリオは15億ドルに拡大し、約100カ国で741件のアドバイザリー・プロジェクトを行っています。IFCのアドバイザリー・プログラムの57%がIDA適格国、19%が脆弱国家で行われ、27%が気候に関連したものでした。

より詳しい情報は以下をご覧ください。
Advisory(英語)

資産運用(アセット・マネジメント)

IFCの全額出資子会社であるIFCアセット・マネジメント社(AMC)は、途上国市場やフロンティア市場への事業資金の動員と運用に携わります。AMCは、投資家が、IFCの新興国向け投資案件に他には類を見ないような手法でアクセスできるようにし、さらにそうした市場への長期資金の供給量を高めるために2009年に設立されました。AMCはIFCの開発成果を向上させるとともに、IFCのグローバルプラットフォーム、および投資基準を活用することで投資家に利益をもたらすことが可能になります。

2018年6月30日現在、同社はIFCからの約23億ドルを含め約101億ドルを調達しました。AMCは、政府系ファンド、年金基金、開発金融機関など様々な機関投資家の為に、エクイティ、デット、ファンド・オブ・ファンズ商品など合計13件の投資ファンドを運用しています。