戦略・重点分野

Share this page
Share this page

持続可能な開発目標(SDGs)への貢献

世界銀行グループ(WBG)の一員として、IFCは、2030年までに極度の貧困を撲滅し、繁栄の共有を促進するという、SDGsに沿った2つの目標を掲げています。IFCは、投融資とアドバイザリー・サービスを通じて、持続可能で包摂的な経済成長の基礎となる民間部門にソリューションを提供しています。

詳しく読む

市場を創造する、開発のための資金の最大化

IFCは、これまで60年以上にわたり、市場を拓き、民間セクターの発展を率いてきました。1980年代には、アセットクラスとしての新興国市場債券を発行し、1990年代には、旧共産主義国における民間市場の構築を支援しました。最近では、グリーンボンドの組成や競争的な電力や通信市場の強化を支援しています。

詳しく読む

ESG投資の先にあるインパクト投資

インパクト投資は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた民間資金を動員する上で、大きな可能性を秘めていますが、未だ明確な基準がなく、これから成長が望める分野といえます。IFCは、新たなグローバルスタンダードを目指して、インパクト投資に関する運用原則のドラフト版を公表し、最終版の策定に向け主導的な役割を担っています。

詳しく読む