国際金融公社(IFC)  東京事務所からのご案内

東京事務所からのご案内

2017年12月1日

12月1日 IFC経済・民間セクター開発総局 グローバル・マクロ経済、市場調査局 リサーチ担当官/上級リサーチ担当官(正社員)を募集(12月7日締め切り)

IFCは日本人職員(正社員)を募集しています。ポジションの詳細はこちらをご覧ください。

 

2017年10月28日

10月28日 IFC東京事務所がチームアシスタント(正社員)を募集

IFC東京事務所はオフィス事務アシスタント(正社員)を募集しています。ポジションの詳細はこちらをご覧ください。

 

2017年10月15日

10月15日 IFC東京事務所がオフィス事務アシスタントを募集

IFC東京事務所は4か月間のオフィス事務アシスタントを募集しています。ポジションのTORはこちらをご覧ください。

勤務形態:Short Term Temporary (STT) 4か月間(延長の可能性有)

勤務開始日:2017年11月(応相談)

勤務地:IFC東京事務所

待遇:IFCの所定に基づく

応募方法: 英語の履歴書および英語の志望動機書(A4 1枚程度)をEmail にてifctokyonews@ifc.org までご送付ください。

応募締切: 2017年10月30日(月)日本時間正午

問い合わせ先: 電話(03-3597-6657)またはEmail(ifctokyonews@ifc.org)

 

2017年10月12日

10月12日 世界銀行グループ、GPIFと債券投資とESGに関する共同研究で提携

世界銀行グループは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と持続可能な投資の促進に向けて提携してゆくことで合意しました。最初の取り組みとして、債券投資における環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する実務的な課題について共同で研究を行うこととしました。 詳しくはこちらをご覧ください。

英語 

日本語

2017年9月28日

9月27日 IFC が、「子育て支援への取り組み:企業主導型の子育て支援の企業の事例(仮題)」 報告書を発表

本報告書には三菱東京UFJ銀行と住友化学が事例として掲載されています。詳細は弊社プレスリリースをご覧ください。

 

2017年9月26日

9月19日 IFC YPPキャリアセミナー開催

加納裕二 プリンシパル・インベストメント・オフィサーとソフィア・チョー上級人事ビジネスパートナーがIFC YPPについてセミナーを開催しました。詳細はこちらからご覧ください。またIFCヤングプロフェッショナル・プログラムの応募はこちらをご覧ください。

 

2017年9月14日

9月13日 IFC 東京事務所が日本アフリカCEOビデオ会議を開催

東部および南部アフリカでのPPP/インフラへの投資機会について、アフリカ政府関係者および企業経営者と日本企業および政府系機関による活発な意見交換が行われました。

 

2017年9月14日

9月19日 IFC キャリアセミナーのお知らせ(加納裕二 プリンシパル・インベストメント・オフィサー)

加納裕二 国際金融公社(IFC)アジア・インフラストラクチャー局プリンシパル・インベストメント・オフィサーから、IFCの役割、民間インフラプロジェクトへの投融資といった現在の業務や入社までのキャリアについてご紹介します。また、香港事務所所属の人事担当者を招き、IFCのキャリアプログラムをご紹介します。応募はこちらをご覧ください。

 

2017年9月4日

9月4日 IFC Young Professionals Programの募集を開始しました。

応募の詳細はIFC本部ウェブサイトをご覧ください。

 

2017年8月10日

8月10日 Short-Term Consultant (STC) (東京勤務)の締め切りを延長(8月28日正午締切)

応募の詳細は7月31日のお知らせをご覧ください。

 

2017年7月31日

7月31日 IFC東京事務所がパートナーシップなどを担当するShort-Term Consultant (STC) (東京勤務)を募集(8月28日正午締切)

IFCは、世界銀行グループの一翼を担い、途上国の民間企業に対して、融資、出資さらにアドバイスを直接提供することにより、開発を推し進めようとしています。東京事務所は、そのような途上国のビジネスと日本のステークホルダーの橋渡しをしていますが、今般、ステークホルダーとのパートナーシップをさらに強化する観点から、新たな人材を求めることに致しました。現在、パートナーシップなどを担当するOperations Analystを募集しています。勤務形態は、在京で、短期のコンサルタント(STC)となります。なお、当事務所では、過去、STCから正規職員になった例もあります。

ポジションのTORはこちら をご覧ください。

 

勤務形態 

  • Short Term Consultant(STC)
  • 年間150日勤務(勤務日など応相談)
  • 勤務開始日:2017年9月(応相談)
  • 勤務地:IFC東京事務所
  • 待遇:IFCの所定に基づく

 

応募方法

英語の履歴書および英語の志望動機書(A4 1枚程度)をEmail にてifctokyonews@ifc.org までご送付ください。

応募締切

2017年8月28日(月)日本時間正午

問い合わせ先

電話(03-3597-6657)またはEmail(ifctokyonews@ifc.org)

 

 

 

2017年7月26日

7月25日 アフリカ開発銀行主催、第2回日本―アフリカ ビジネスフォーラムへ参加

アフリカ開発銀行主催の第2回日本―アフリカ ビジネスフォーラムが開催され、IFC東京事務所より黒澤が、「アフリカにおけるインフラプロジェクトへの融資にスピーカーとして出席し、IFC-MIGAのリスクを軽減するファシリティなどを紹介しました。

 

2017年7月25日

7月20日 第4回世銀グループ- JICA ・ハイレベル対話を実施:民間セクターのセッションを設けIFCも参加しました

IFCからは、ネナ・ストイコヴィッチ副総裁が出席しました。詳細はこちら(JICAウェブサイト)からご覧ください。

 

2017年7月24日

7月24日 IDA 18 IFC-MIGA Private Sector Window (PSW) のご紹介

最も必要とされる場所に新たな市場を拓き、機会を創出するために、7月に始動したIFC-MIGAの新しいプロダクトを紹介しています。

詳細はIDA18Private Sector Windowのウェブサイト(英語)をご覧ください。

 

2017年7月24日

7月24日 IFC Tokyo ニューズレターのご紹介

IFC 東京事務所では、今年からお客様にニューズレターを送付しています。過去のニューズレターは下記をご覧ください。

第1回:ご挨拶とIFC東京のご紹介

第2回:IFCの協調融資プログラムのご紹介

 

2017年7月14日

7月13日 リクルートメントセミナー開催

IFCナイロビ事務所のアグリビジネスセクターで活躍する小辻洋介より、自身の経歴やIFCで働こうと思った動機、IFCでの仕事の内容などを紹介しました。

現在のIFCのポジションの募集は、こちらをご覧ください

 

2017年7月13日

7月12日 アフリカ農業・食品セクターの勉強会を開催

IFCナイロビ事務所の小辻洋介が、アフリカにおける農業・食品セクターの勉強会を開催し、具体的な案件事例や課題を説明しました。

投融資のご相談は、IFC東京事務所(03-3597-6657)までご連絡ください。

 

2017年7月12日

7月11日 IFC/JICA 協調融資プログラムに関するセミナーを開催しました

IFCはJICA(国際協力機構)とIFC/JICA協調融資プログラムに関するセミナーを共催しました。2017年5月にIFCとJICAが締結した協調融資に関する覚書を踏まえ、枠組みの説明及び協調融資の実例もご紹介しました。

 

本プログラムに関する質問等は、IFC東京事務所(03-3597-6657)までご連絡ください。

 

2017年6月30日

7月13日 IFCリクルートメント・セミナー開催  小辻洋介(シニア・インベストメント・オフィサー)

IFCケニア ナイロビ事務所で投資担当者として活躍する小辻洋介より、IFCの活動や自身の経歴をご紹介します。

■ 日時
2017年 7月13日(木) 午後5時00分~午後6時

■ 場所
世界銀行東京事務所
東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル10階
地下鉄三田線内幸町駅直結、千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車

■ 言語
日本語

■ お問合せ
IFC東京事務所 E-mail: ifctokyonews@ifc.org Tel:03-3597-6657

申し込み方法や詳細はこちらをご覧ください。

2017年5月8日

5月8日 JICAと協調投融資のための業務協力にかかる覚書を調印~今後5年間で15億ドルを目標に~

IFCと国際協力機構(JICA)は、途上国における開発効果の高いプロジェクトに対して、今後5年間で15億ドルを目標に協調して投融資を行うための業務協力にかかる覚書を締結しました。覚書は途上国における民間セクターのプロジェクトに対して、両機関で行う協調投融資を促進するために、協力体制の更なる強化を図るものです。

 

両機関は2015年4月に締結した基本協力協定(Master Cooperation Agreement)によって、協調融資案件における協働プロセスを取り決め、融資の迅速化・効率化を図ってきました。両機関の協調融資第一号案件として、2017年3月にはバングラデシュにおける民間のコンバインドサイクルガス火力発電所(出力規模約400メガワット)に対する協調融資(「シラジガンジ高効率ガス火力発電事業」)を承諾しています。今回の覚書は、このような両機関による組成・審査プロセスの円滑化の取り組みを一層強化することで、JICAとIFCによる協調投融資を拡充するものです。

 

詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください。

 

日本経済新聞に掲載された記事はこちらです。

「JICA出典」

 

2017年3月29日

3月29日 JICAとバングラデシュ人民共和国「シラジガンジ高効率ガス火力発電事業」に対する協調融資貸付契約の調印

IFCは、シンガポール法人Sembcorp Utilities Pte Ltd.及びバングラデシュ北西部発電会社(North-West Power Generation Company Ltd.)が出資してバングラデシュに設立する特別目的会社であるバングラデシュ法人Sembcorp North-West Power Company Ltd.が行う事業を対象として、国際協力機構(JICA)と協調で貸付契約を締結しました。

 

本融資は、JICA、英国開発金融機関のCDC Group Plc、シンガポールのClifford Capital Pte. Ltd.との協調融資です。また、本事業はIFCとJICA海外投融資との協調融資によるドル建てプロジェクトファイナンス案件であり、2015年にJICAが途上国における民間セクター向け融資業務の円滑な協働を行うためにIFCと締結した基本協力協定(Master Cooperation Agreement)に基づく、初の協調融資案件です。

 

詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください。

「JICA出典」

 

2017年3月6日

3月6日 初の「ソーシャルボンド・インパクト・レポート」(英語)を発行

IFCは、本日初めて「ソーシャルボンド・インパクト・レポート」を発行いたしました。インパクトをもたらす投資への関心の高まりを受けて、IFCは、既存の「インクルーシブ・ビジネス・ボンド」及び「女性企業家支援のための債券プログラム」の2つの債券プログラムを統合して「ソーシャルボンドプログラム」を立ち上げ、環境・社会・ガバナンス基準を満たすAAA格付けの資産へのより幅広い投資機会を投資家に提供します。IFCは、より多くの資金を持続可能な開発に動員するため、国際資本市場において最も革新的な発行体となることを目指します。「ソーシャルボンドプログラム」の詳細はこちら(英語)をご覧ください。

>>報告書(英語版)をダウンロード

 

2017年3月3日

3月3日 世界銀行グループ日本人職員募集

世界銀行グループは現在日本人を募集しています。IFCのポジションも掲載されております。詳細はこちらをご覧ください。

 

2017年2月27日

2月21日 シンジケート・ローン商品の説明会を開催

IFCは、三菱東京UFJ銀行と協働で、IFCの新興国市場向けのシンジケート・ローン商品(米ドルを活用したBローンならびに円を活用した新商品HALP)について説明会を開催しました。

 

2017年2月14日

2月8日 IFCバージョン3.0「市場を切り拓くIFCの挑戦」

フィリップ・ル・ウェルー(IFC長官)がワシントンDCのCenter for Global Developmentで「市場を切り拓くIFCの挑戦」であるIFCバージョン3.0について講演しております。こちらをご覧ください。

2016年11月18日

11月18日 世界銀行グループ キャリアフェア2016

世界銀行グループは、日本人を対象とした採用ミッションを2017年に日本に派遣する見込みです。それに向けて2016125日から8日まで、社会人を対象に「世界銀行グループキャリアフェア2016」を東京、横浜、名古屋、大阪で開催します。各会場では、世銀グループの職員より業務概要、様々な採用制度、入行後のキャリア構築などについてご紹介します。各会場の日程と開催概要は以下の通りです。参加費は無料です。

 

東京(先着200名)

日時: 2016125日(月)午後630分~午後9

会場: 日経ホール & カンファレンスルーム 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階(最寄駅)東京メトロ「大手町駅」

 

横浜(先着50名)

日時: 2016126日(火)午後630分~午後8

会場: TKPガーデンシティ横浜(2 カンファレンスルーム8)神奈川県横浜市神奈川区金港町3-1コンカード横浜 2F

(最寄駅) 京急本線、みなとみらい線、東急東横線、JR 横浜駅きた東口A 徒歩5

 

大阪(先着200名)

日時: 2016127日(水)午後630分~午後9

会場: 大阪国際会議場・グランキューブ大阪 8階 大阪府大阪市北区中之島5-3-51

(最寄駅)京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口)すぐ

 

名古屋(先着50名)

日時: 2016128日(木)午後630分~午後8

会場: TKP名古屋栄カンファレンスセンター (B2 カンファレンスルーム2) 名古屋市中区栄3-2-3 名古屋日興證券ビル

(最寄駅)名古屋市営地下鉄 栄駅 8出口 徒歩5

 

各会場での詳細プログラムと参加登録方法については、以下のサイトをご覧ください。

 

 

 

 

2011年12月15日

京都大学経営管理大学院にて講演

京都大学経営管理大学院主催の「グローバル人材養成講演シリーズ」にて、IFC東京事務所副所長 寺見興生が新興国でのプライベート・エクイティー・ファンド投資について講演致しました。詳細はこちらをご覧下さい。

 

2011年12月08日

三菱UFJリースとタイにおける環境対策支援プログラムを開始

IFCは、三菱UFJリースとタイにおける環境関連投資をサポートするためのプログラムを開始いたしました。詳細は以下をご覧下さい。 日本語版 英語版

 

2011年11月11日

GTTプログラムの職員募集

2012 Global Transaction Team Program は職員を募集しています。詳細はこちらをご覧下さい。(最終応募締切:2011年12月19日)

 

2011年11月02日

外部コンサルタント募集

IFCは、日本政府が支援する Global Risk Management Advisory の外部コンサルタントを募集しています。(Selection Number: 1053507/応募締切:2011年11月20日 ) 詳細はURLPDFをご覧下さい。  

 

2011年10月10日

外部コンサルタント募集

IFCは、日本政府が支援するGlobal Trade Finance Programの外部コンサルタントを募集しています。(Selection Number: 1051618/応募締切:2011年10月27日 ) 詳細はURLPDFをご覧下さい。   

 

2011年08月31日

外部コンサルタント募集

IFCは、日本政府が支援するGlobal Trade Finance Programの外部コンサルタントを募集しています。 (Selection Number: 1048233/応募締切:2011年9月14日 )詳細はURLPDFをご覧下さい。応募手順・応募締切日が更新されましたのでご注意ください。   

 

2011年08月25日

ロベコ主催 サステナビリティ投資セミナーに参加

「ロベコグループ サステナビリティ投資セミナー」にIFC東京事務所副所長 寺見興生がパネリストとして参加しました。サステナビリティ投資の可能性について専門家との意見交換を行いました。   

 

2011年08月22日

東京証券取引所グループと途上国の資本市場育成支援に関する覚書締結

 

IFCと株式会社東京証券取引所グループは、8月22日、途上国における資本市場育成への協力に関する覚書を締結いたしました。本覚書締結を通じて、途上 国における証券市場の育成に向けた相互の知見と経験を共有し、途上国における証券市場の更なる発展に貢献します。途上国における証券市場の発展のため、上 場会社等へのコーポレートガバナンスを促進させ、また証券取引所に対するIT技術の提供や法制度の整備を行うなどの協力を行ってまいります。 プレスリリース全文はこちらをご覧ください。   

 

2011年08月01日

国際セミナー 「海外インフラ整備に係るプロジェクト・ファイナンスとその国際動向」に参加

8月1日に、運輸政策研究機構国際問題研究所・立命館アジア太平洋大学主催の国際セミナー「海外インフラ整備に係るプロジェクト・ファイナンスとその国際 動向」に、IFC Principal Investment Officer であるRajesh Shinhaが参加し、基調講演及びパネル・ディスカッションを行いました。 当日の基調講演資料「BOT/PPPプロジェクトに関するファイナンシャル・アナリシスとリスク軽減策:金融機関の視点から」は、こちらをご覧ください。   

 

2011年07月27日

IFCコーヒーアワー開催のお知らせ

IFC持続可能ビジネス・アドバイザリー局クリーン・エネルギー・チーム の小野口荒太オペレーションズオフィサーよりGreen Power for Mobileプロジェクトを紹介致します。皆様のご参加をお待ちしております。

日程 7月27日(水) 午後6時30分~午後8時00分
会場 世界銀行情報センター(PIC東京)
会場 世界銀行情報センター(PIC東京)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー)

本イベントの詳細はこちらをご覧ください。

参加申し込みは世界銀行東京事務所ウェブサイト上でお申し込みください。

 

2011年07月06日

「インクルーシブ・ビジネスの成功例」報告書(日本語版)を発行

日本におけるインクルーシブ・ビジネス、新興国の市場機会への関心の高まりを受けて、IFCでは2010年10月にワシントンDCで開催された会議の報告 書の日本語版「インクルーシブ・ビジネスの成功例」を発行いたしました。本報告書は、IFCが支援した、世界各国における様々なインクルーシブ・ビジネ ス・モデル事例を纏めたものです。業務のご参考にお使いください。

>>> 日本語版をダウンロード

なお、ハードコピーの送付をご希望の方は、企業・団体名・所属部署、氏名(役職)、電話番号、メールアドレスを記載の上、IFC東京事務所まで、Eメールにてお申込みください。 IFC東京事務所 (ifctokyonews@ifc.org

2011年07月06日

BOPビジネス/インクルーシブビジネス支援に係るIFC・UDNP・JETRO 3者事業説明会 

IFC、UNDP、ジェトロは、各機関のBOPビジネスのサポートに関する説明会を開催いたします。BOPビジネス/インクルーシブビジネスにご関心のお持ちの皆様のご参加をお待ちしております。 ジェトロ、IFCによる合同説明会 日程:7月6日(水) 10:30~12:00 会場:ジェトロ東京本部 7回入札室 東京都港区赤坂1-2-32 アーク森ビル 本説明会の詳細は こちらをご覧ください。 参加申し込みは、企業・団体名・所属部署、氏名(役職)、電話番号、メールアドレスを記載の上、Eメールにてお申込みください。 日本貿易振興機構(ジェトロ) 途上国貿易開発部途上国貿易開発課BOP班(担当:山崎) TEL:03-3582-5203 E-mail:bopbiz@jetro.go.jp

 

2011年6月21日

経済産業省とインクルーシブ・ビジネス支援における協力強化について合意

IFCのRashad Kaldany副総裁が経済産業省厚木進貿易経済協力局長を訪れ、経済産業省とIFCとの協力関係強化について合意しました。 経済産業省とIFCは、下記の取組みを積極的に実施することについて合意し、その内容を文書で確認、署名しました。

  • 1. BOP層に関わるインクルーシブ・ビジネスモデルのベストプラクティスについての情報共有
  • 2. より効果的なBOPビジネスのための関係者間の協力の促進
  • 3. BOPビジネスへの参入促進支援
  • 4. 日本及び関連する新興国における経済界でのBOP層に関する理解促進
  • 5. 経済産業省とIFC間の協力関係のレビュー及び今後の方策、事業に関する議論を行うための定期的なハイレベル会合の実施

経済産業省によるリリースはこちら

 

2011年5月20日

外部コンサルタント募集/eConsultant2を開設

世界銀行グループは、外部コンサルタント選定のための新規システム、eConsultant2を開設しました。 また、日本の技術協力信託基金(Technical Assistance Trust Fund: TATF)の支援するチリのSEF Mapping Sector Study(Selection# 1037054)のコンサルタント募集を開始しました。 詳しくは、eConsultant2のサイトをご覧ください。

 

2011年5月17日

職員募集

IFCでは、東京でのJob Fair開催(6月21日)に合わせ、下記のポジションを募集しています。

  • Counsel - Washington, DC
    Details Apply
  • Head of Compliance - Washington, DC
    Details Apply
  • Human Resource Officer- Washington, DC
    Details Apply
  • Mobility and Recruitment Officer - Hong Kong
    Details Apply
  • Senior/Principal Operations Officer - Mobile Banking - Jakarta
    Details Apply
  • Clean Energy Specialist - multiple locations incl East Asia
    Details Apply
  • Senior Insurance Advisory Services Specialist - Jakarta
    Details Apply
  • Senior Operations Officer, Climate Change Specialist -Dhaka
    Details Apply
  • Senior Operations Officer, Regulatory Simplification -Dhaka
    Details Apply
  • Associate Investment Officer -Multiple locations
    Details Apply
ご関心のある方は、上記のApply リンクよりご応募下さい。

 

2011年6月21日

IFC Job Fair開催のお知らせ

IFCでは、就職を希望される方を対象にIFC Job Fairを開催します。 当日はIFCの業務内容、職場環境、募集中のポジション等をご説明します。 詳細及び申込み方法については下記をご覧ください。 <申込み期限を延長しました>

Description/内容 IFC is holding a job fair in Tokyo to introduce MBA graduates a career opportunity at IFC. This job fair will consist of a seminar on the introduction of IFC and its hiring programs, and a reception at which the participants will be divided into a smaller group and have the opportunity to talk more specifically about their interests with IFC's professional staff.
Date and Time /開催日時 Tuesday, June 21, 2011 19:00-
Venue /会場 Tokyo Only selected applicants will be contacted for further details.
Qualifications to Participate /対象者 - Working Professionals with an MBA degree, including those graduating from business schools in 2011 - Business professionals with work experience equivalent to the above - Advanced level of English language skills is prerequisite
How to Apply /申込み方法 Please visit the αALPHA LEADERS website (http://alpha-leaders.jp/show.php?topic=010453) and fill out the Entry Sheet by Sunday, May 29, 2011.
IFC's Information /IFCについて Please visit IFC's website. http://www.ifc.org/ for English http://www.ifc.org/japanese for Japanese

2011年06月18日

職種別キャリア:スタッフ体験談

「職種別キャリア:スタッフ体験談」のページを追加しました。 今後、職種別の仕事内容やキャリアをご案内していきます。 どうぞこちらをご覧ください。

2011年6月3日

MDGs フォローアップ会合・サイドイベント「ミレニアム開発目標(MDGs)の達成とビジネスの可能性」 

IFCは、6月3日にMDGsフォローアップ会合・サイドイベント「ミレニアム開発目標(MDGs)の達成 とビジネスの可能性」を共催し、インクルーシブ・ビジネス・モデル・グループ局長の増岡俊哉がパネル・ディスカッションに参加しました。当日は、各界から 多くの方にご参加いただき、日本や海外のインクルーシブ・ビジネスの事例や課題について活発な議論が行われました。 イベント報告の詳細についてはUNDPのサイトをご参照ください。


パネル・ディスカッションに使用したプレゼンテーション資料はこちらをご覧ください。 日本語版  英語版 世界銀行からのプレスリリースはこちらをご覧ください。 ____ 昨年9月、ニューヨークの国連本部で開催されたミレニアム開発目標(MDGs)首脳会合では、目標達成のために政府のみならず市民社会、民間セクターなどによる 取り組みを加速するよう求められました。民間セクターでは既に貧困層が直面する社会課題にビジネスを通じ解決する取り組みが進む中、貧困層を消費者としてだけでなく、 生産者や労働力として取り込むインクルーシブ(包括的)ビジネスが、貧困層と企業の双方にメリットをもたらすモデルとして注目を集めています。国連開発計画(UNDP)、 世界銀行、および国際金融公社(IFC)は、6月2、3日にMDGsフォローアップ会合が東京で開催されるのを機に、民間企業、途上国、日本政府関係者を招いてシンポジウムを 開催し、MDGs達成に対する日本の民間セクターによる貢献の可能性を明らかにし、インクルーシブビジネスを展開するための実践的なパートナーシップ構築について議論を呼びかけます。

開催概要 MDGsフォローアップ会合・サイドイベント「ミレニアム開発目標(MDGs)の達成とビジネスの可能性」
日時 2011年6月3日(金)15:00 - 17:30 (受付は午後2時半から)
会場 国際連合大学本部(UNハウス) 3階 ウ・タント国際会議場 東京都渋谷区神宮前5-53-70
プログラム
15:00 開会挨拶  松本剛明 外務大臣
15:10 第1部 基調講演
ヘレン・クラーク UNDP総裁
マフムド・モヒルディン世界銀行専務理事 他
15:50 休憩
16:00 第2部 パネル・ディスカッション
パネリスト
後安孝彦 ヤマハ発動機株式会社執行役員 海外市場開拓事業部長
オラフ・ショーベン UNDP開発局長
増岡俊哉 IFC
インクルーシブ・ビジネス・モデル・グループ局長
小山智 経済産業省貿易経済協力局通商金融・経済協力課長 他

ファシリテーター
岡田仁孝 上智大学国際教養学部長
質疑応答
17:30 閉会
*英・日の同時通訳がつきます
定員 60名 (参加費無料・先着順)
主催 国連開発計画(UNDP)
共催 世界銀行、国際金融公社(IFC)
後援 外務省、経済産業省、日本貿易振興機構 (後援はいずれも調整中)

2011年5月31日

中堅・中小企業のためのBOPビジネスKANSAIセミナー開催

IFC、近畿経済産業局、及び(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)は、2011年5月31日、大阪にてBOPビジネスKANSAIセミナーを開催いたしました。 先進国市場が相対的に縮小する中、途上国中間所得層(ボリュームゾーン)に加え、さらに大きなポテンシャルを有する有望市場として、 途上国低所得層(BOP層:約40億人、市場規模約5兆ドル以上)が「世界経済における新たな市場」として、注目されています。 本セミナーでは、IFCによるBOPビジネスの現状や取組み事例のご紹介、日本政府によるBOPビジネス支援についてご説明し、多くの関西の民間企業、事業者、その他関係者の方にご参加いただきました。

 

セミナー開催概要

日時 2011年5月31日(火) 14:00-15:00
(名刺交換会 16:00-)
場所 近畿経済産業局 第1会議室 (大阪市中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎一号館2階)
主催 近畿経済産業局、(独)日本貿易振興機構、国際金融公社(IFC)
定員 50名(先着順)
プログラム セミナー
1) 「BOPビジネスと国際金融公社の取り組み事例」
IFC インクルーシブ・ビジネス・モデル・グループ局長
増岡 俊哉

2) 「日本政府によるBOPビジネスへの政策的支援と具体的取り組み」
経済産業省 貿易経済協力局 通商金融・経済協力課 課長補佐
小町 僚明

3) 現地パートナーをお探しの皆様へ ~BOPビジネス支援事業のご案内~」
ジェトロ 途上国貿易開発部 途上国貿易開発課BOP班 課長代理
木ノ本 知弘

名刺交換会
費用 無料

IFCは、日本政府が支援するGlobal Trade Finance Programの外部コンサルタントを募集しています。 (Selection Number: 1048233/応募締切:2011年9月14日 )詳細はURLPDFをご覧下さい。応募手順・応募締切日が更新されましたのでご注意ください。

2010年11月4日

IFC BOPセミナー

11月4日、IFC東京事務所はBOPセミナー「IFCのBOPビジネスへの取り組み」 を開催しました。 増岡俊哉インクルーシブ・ビジネス・モデル・グループ局長が、IFCのインクルーシブ・ビジネス・モデルと事例を紹介し、 各界より約50名以上の方が参加しました。 当日の配布資料及び、インクルーシブ・ビジネス・モデル・グループ局の詳細は、下記をご覧ください。

2010年10月21日

IFC BOPセミナーのお知らせ

IFC東京事務所では、11月4日(金)「国際金融公社のBOPビジネスへの取り組み」と題したセミナーを開催します。 本セミナーの詳細は、こちらをご覧ください。

2010年9月30日

JBIC環境社会配慮確認セミナー:IFC EHSガイドライン適用の実務

9月30日、株式会社日本政策金融公庫 国際協力銀行(JBIC)、(財)海外投融資情報財団(JOI)は、「JBIC 環境社会配慮確認セミナー:IFC EHSガイドライン適用の実務」を開催しました。IFCから、ビル・ラヒール社会・環境部投資サポート・マネージャー、田辺明プリンシパル環境スペシャリスト、アレックス・インドルフ シニア環境スペシャリストがスピーカーとして出席しました。

2010年4月22日

AVCJ プライベートエクイティ&ベンチャーフォーラムに、東京事務所副所長がパネリストとして参加

ジャパン・プライベートエクイティ~新たな自信の波へ」をテーマに開催されたAVCJ プライベートエクイティ&ベンチャーフォーラムに、東京事務所副所長がパネリストとして参加しました。

2009年3月16日

外部コンサルタント募集

このたびIFCは、日本政府の支援により、アフリカの銀行向けに貿易金融のトレーニングを実施することになりました。 現在、そのトレーニングの外部コンサルタントを募集しています。(Selection Number: 100021319/応募締切:2009年3月30日 ) 詳細はURL(www.worldbank.org/econsult)をご覧下さい。

2008年11月20日

ドイツ・世界銀行フォーラムに、東京事務所長がパネリストとして参加

「アジアと金融危機」をテーマにフランクフルトで開催されたドイツ・世界銀行フォーラムに、東京事務所長がパネリストとして参加しました。

2008年11月4-7日

日本政府の支援によりベトナムの銀行関係者対象のセミナーを実施  

日本政府の支援により、IFCはハノイにおいてベトナム銀行関係者に対し、貿易金融に伴うリスク軽減に関するセミナーを実施しました。セミナーは4日間に亘って行われ、参加者には在ハノイ日本大使館から修了証が手渡されました。

2008年11月4-5日

「アジア太平洋地域における自然災害リスクに関する保険メカニズム」セミナーに参加 

「アジア太平洋地域における自然災害リスクに関する保険メカニズム」セミナー(アジア開発銀行および財務省共催)が東京で開催され、IFCから Khaleel Ahmed(Global Finance Group)がパネリストとして参加しました。IFCは自然災害(旱魃、洪水、強風、地震)リスクを対象とした再保険ファシリティーを年内にスタートする 予定にしています。

2008年10月30日

世界省エネルギー等ビジネス推進協議会にオブザーバーとして招聘されました。 

日本の経済界が省エネルギー等環境分野の技術、製品の国際展開を通じて地球温暖化問題へ貢献するため、世界省エネルギー等ビジネス推進協議会(会長:御手 洗経団連会長)が10月30日に設立されました。国際金融公社も同協議会にオブザーバーとして参加することになりました。国際金融公社の環境プロジェクト へのファイナンスの実例等を協議会の場で今後ご紹介していく予定です。

2008年10月20日

東京事務所長がラオス政府産業省法人登記局を訪問しました。

IFCは、日本政府をはじめEU、オランダ、スイス等からの拠出金を元に、メコン民間セクター開発ファシリ ティ(MPDF)を設立し、メコン河流域の民間中小企業(SME)育成事業を行っていますが、MPDFの支援(2005-2010年が対象、金額は約30 万ドル)を受けているラオス政府産業省法人登記局を、東京事務所長が2008年10月に訪問しました。ラオスでは従来法人登記に際して煩雑な手続きが必要 とされ、企業家の法人設立意欲を阻害していました。また、登記された法人の情報が一元的に管理されていなかったため、海外の投資家がラオス法人の情報を入 手することも困難でした。こうした問題を解決するため、ラオス政府はMPDFの技術支援を受けて2005年に会社法を制定し、関係省令の整備を2006年 から2008年にかけて行ったうえで、2008年8月に法人登記局が業務を開始しました。8月、9月の2ヶ月間で登記を行った法人は2423法人(新規に 登記を行った法人は459、その他は既存の法人の更新登記)に達しています。

2008年4月23日

環境と民間セクターの関与に関するシンポジューム~G8サミットに向けて

3月26日 財務省、世界銀行、アジア開発銀行(ADB)、アジア開発銀行研究所(ADBI)、国際協力銀行(JBIC)は「環境と民間セクターの関与に 関するシンポジウム~G8サミットに向けて」を共同で開催しました(後援、金融庁)。IFCからは相沢素子社会環境政策・基準室長がスピーカーとして出席 しました。