国際金融公社(IFC)  トピックス  金融危機:IFCの対応

金融危機:IFCの対応


main

世界金融危機は、経済秩序の変動をもたらし、今後何十年にもわたり途上国が直面する問題を深刻化させました。金融危機とその後の回復期、IFCは、銀行セクターおよび産業界に対し必要不可欠な支援を実施し、失業の削減、企業や個人の金融へのアクセス継続を可能にしました。

2010年度、IFCによる危機対応イニシアティブは合計110億米ドル以上に達しました。その内訳は、IFC自己勘定による支援が60億米ドル余り、IFCを通じて各国政府や国際金融機関が行った支援が20億米ドル、協調融資が30億米ドルです。さらに、アフリカ、中東欧、ラテンアメリカ・カリブ海地域の他の国際金融機関と連携し、一連の行動計画を実施しました。

IFCの主要な危機対応イニシアティブは以下の通りです。

・世界貿易流動性プログラム

・IFC途上国銀行資本増強ファンド

・マイクロファイナンス強化ファシリティ