国際金融公社(IFC)  トピックス  零細・中小企業向け金融

零細・中小企業向け金融

世界の零細・中小企業

 

途上国では、零細・中小企業は雇用の45%、GDPの33%を占めています。登録されていない非公式な企業を含めると、この割合はさらに大きくなります。各国の零細・中小企業の数に関するリサーチはこちら(英語)をご参照ください。適切な条件が整えば、中小企業は世界的競争力をもつ成長産業の重要な一部となり、貧困削減に必要な雇用を創出することができます。

 

IFCがマッキンゼー・アンド・カンパニーと共同で行ったリサーチ(英語)では、零細・中小企業の間で満たされていない金融(ローン)へのニーズが2.1 兆米ドルから2.5兆米ドル存在することが明らかになりました。途上国では、フォーマルセクターとインフォーマルセクターの中小企業3億6,500万から4億4,500万のうち、約70%が金融機関からの資金調達が必要にも関わらず、金融サービスを利用していません。また、およそ15%の中小企業は資金不足に陥っています。

 

 

IFCの零細・中小企業向け金融

 

マイクロファイナンス: 零細企業は多くの途上国で民間部門の大きなシェアを占め雇用を支えていますが、経済における重要性の割には金融へのアクセスが非常に限られています。預金、ローン、決済等の基本的な金融サービスを受けたくても、銀行の支店が近くになかったり、読み書きが出来なかったりなどの様々な理由で、村の高利貸しなどの非公式なサービスに頼らざるを得ないのが現状です。IFCでは既存のマイクロファイナンス機関に投資をしたり、新たなマイクロファイナンス機関の立ち上げを支援することによって、零細企業への金融サービス拡充を図っています。英語での詳細はこちらをご覧下さい。

 

中小企業金融: 中小企業は新興国・途上国の社会経済開発に不可欠な存在です。雇用の創出と、貧困層の所得向上に大きな役割を果たしています。しかし多くの新興国において、大企業と比較して中小企業の金融へのアクセスは限定的です。IFCでは投融資とアドバイザリー・サービスの両面から、銀行が中小企業への貸付を増やすための支援をしています。英語での詳細はこちらをご覧下さい。

 

女性向け金融: IFCのBOW(Banking on Women)プログラム(英語)は、銀行が利益を出しながら持続可能な形で女性にサービスを提供することを支援します。女性起業家への貸し付けを目的とした資金を提供するほか、アドバイザリー・サービスでは商業銀行が女性顧客のニーズを理解し、適切な商品やサービスを開発するための能力開発をお手伝いします。

 

ペイメント・決済システム: IFCでは革新的なペイメント・決済システムを通じて、低所得者層の金融サービスへのアクセスを拡大するプログラムを実施しています。当プログラムでは、携帯電話、POS端末やカード決済などの最新テクノロジーを用いて、BOP層はじめとする多くの人々に低価格でサービスを提供するための支援をしています。詳細はこちら(英語)をご覧下さい。

 

リースリース(英語)は中小企業が生産・運搬等に必要な機械・装置に投資するための金融手段を提供します。非公式な企業でもリースを通じて信用履歴を構築することができるため、それを基にフォーマルな金融システムへアクセスするステップとなります。リースは自転車やトラックなどのシンプルなものに限らず、再生可能エネルギー、エネルギー効率関連技術、環境保全技術、アグリビジネス等で使用される機械・装置への投資を促すことで気候変動や食糧危機に対処する有効な方法のひとつでもあります。

 

 

関連する出版物

私たちのストーリーを伝える:中小企業