国際金融公社(IFC)  採用情報  夏期インターシップ・プログラム

夏期インターシップ・プログラム

IFCは毎年、夏期インターンを雇用しています。夏期インターンは、ワシントン本部または地域事務所において、個別のプロジェクトに4週間以上従事します。IFCの夏期インターンには給与が支払われます。このプログラムは大変競争率が高く、毎年1,500通以上のレジュメが送られてきますが、その中から夏期インターンの候補に選ばれるのは、30~40名です。夏期インターンのうち、総合的な評価により選ばれた候補者には、アソシエイト投融資担当官および他のフルタイムのポストに応募することを奨励します

 

 

採用基準

夏期インターンシップ・プログラムへの応募者は

MBA課程の1年生であること
国際金融分野で3-6年の実務経験
IFCに関連するセクターの知識と新興市場での経験
高度の分析力、コミュニケーション・スキル、交渉力
ビジネス機会の発掘とクライアントリレーションスキル
多種多様な文化や環境の中で、チームの一員として業務を遂行する能力
英語に堪能で、かつアラビア語、中国語、フランス語、ロシア語、スペイン語のうち1つ以上に習熟していること
持続可能な民間セクター開発の経験

 

 

 

応募の流れ

毎年12月1日~1月15日まで、ウェブ上で応募を受け付けています。

書類選考で選ばれたレジュメは夏期インターンシップ・プログラムのデータベースに登録されます。このデータベースは、IFC各部局に公開され、各部局が候補者に直接連絡を取ることになります。

応募方法等の詳細は、こちらをご覧ください。