国際金融公社(IFC)  採用情報  IFC ヤング・プロフェッショナル・プログラム

IFC ヤング・プロフェッショナル・プログラム

IFCヤング・プロフェッショナル・プログラムは、発展途上国の民間セクターを支援するグローバルな投資担当者としてキャリアをスタートさせる機会を提供する採用プログラムです。内定者はアソシエイトとしてそれぞれ投融資担当、アドバイザリー担当、資金管理担当のグループに分かれ配属され、最低1年間ワシントンDCに駐在します。さらに、IFCの顧客に近い各国での経験を通し、高度な専門性を構築することができます。このプログラムは、経営学(MBA)またはその他関連のある修士号取得に向けた最終学年に在籍する学生、または近年に取得した方を対象としています。


 

プログラムの特徴

3年間のプログラムでは、ローテーションで地域事務所または異なるセクター部門、他の世界銀行機関において2~3つの任務を遂行することにより、経験を積むことができます。 

各分野(金融機関、インフラ・天然資源、製造、アグリビジネス・サービス、通信((TMT)、ベンチャー・キャピタル、民間連携、資金管理・シンジケート)への業務に携わります。

リーダーシップの研鑽を積むことができ、自己成長の機会となります。

 


詳しくはこちらをご覧ください。2017年度の採用プロセスの申し込みは終了しました。第2次面接へのご案内は、第1次面接合格者のみ2017年11月13日(月)の週に通知を予定しております。第1次面接不合格の方も年齢制限はありませんので、資格要件を満たしている方は2018年8月に再度お申込みいただけます。

採用情報(コーポレートサイト 英語)はこちらをご覧ください。